株式会社 安藤建設

お問い合わせ

CSRのとりくみ

2011年12月17日

11月1日、4日の2日間で杉田小学校の体験学習の講師として社長はじめ当社社員4名とPTA役員の方々、先生で25名の生徒に巣箱作りをしてきました。材料の調達、加工から当日の活動までまとめてみました。


◆平成23年9月30日、10月20日 (材料の加工) 弊社機材センターにて

リサイクル材を使うという趣旨のもと、Sマンション新築工事及び鎌倉にある弊社新築工事現場で使用した型枠材を使う事にしました。

鎌倉にある新築工事の基礎の型枠材です。
型枠とはコンクリートを所定の形、寸法に作る為の仮設工作物です。針葉樹合板を主に使用します。

↓基礎型枠組立                        ↓型枠取り外し後
基礎型枠組立 基礎脱型












決められた時間の中で完成出来るようにリサイクルの型枠材(パネコート)を低学年用としてある程度形にしていきました。

↓巣箱の基になる型枠材の裁断前です。        ↓加工図に沿って墨(切る形の印)を付けています。
裁断前 墨付け












初めは慣れないせいか、1個製作するのに時間がかかりましたが、だんだん良いペースで作る事が出来ました。釘を打ったり板をのこぎりで切ったりするのを子供達で出来るのか、不安を残しましたがいよいよ本番当日です。


◆平成23年11月1日、4日 (巣箱作り) 杉田小学校にて

いよいよ本番当日です。当社安藤社長が子供達に完成した巣箱を使って説明しています。

↓安藤社長の説明を熱心に聞く子供たち        ↓子供たちに講習中の安藤社長
説明 講習中











↑上部左から弊社平野助手、安藤社長、先生方

子供達ののこぎりやとんかちの使い方が慣れているのにビックリしました。早く次、早く次!って感じで・・・ 中々堪えました。他の講師の先生はどうだったんでしょうか?

↓のこぎりで裁断中。2人で協力しています。      ↓屋根に丁番を付けています。
裁断する子供たち 丁番取付1












↓ここでも屋根に丁番を取り付けています。       ↓出来上がった巣箱に絵を描いています。
丁番取付2 お絵かき












生徒25人分を時間の中で完成することができました。
2日間を振り返って、まず子供達のパワフルさと物を作る適応能力に驚かされました。
地域の子供達に物作りの講師の立場で携わりましたが、教える難しさと言うのを感じました。もっとやり易い方法を勉強しなければいけないと思った今日この頃です。

2010年1月25日

弊社は、建設業労働災害防止協会 神奈川支部横浜南分会に入会しており、

協会が主催する神奈川県建設業労働災害防止大会や講習会、研修会に参加しております。

2010年1月24日

社団法人横浜建設業協会 磯子区会 を通じて、

平成21年9月26日、27日に開催された磯子まつりに参加しました。

磯子区会では、巣箱作りの体験やはたらく車体験等を行いました。

弊社は、区会活動にも積極的に参加しております。

画像 764画像 762

2009年11月13日

弊社は横浜建設業青年会を通じて、過去に横浜市内の小学生
を対象としたワークショップ等に参加しました。
今年もさまざまな活動に参加しております。

2009年11月12日

弊社は、社団法人 横浜建設業協会を通じて
「横浜市公共建築物に係る震災時の応急措置の協力に関する協定」
に基づく応急活動に従事しております。

年に1回、他の会員と共同で訓練が行われておりますが、
今年も8月28日に開催された即時出動訓練に参加しました。
訓練の概要及び内容はつぎの通りです。

1.概要
横浜市域において震度5強以上の大規模地震が発生したとの想定をもとに、応急復旧活動の拠点となる公共建築物の中で、特に重要な拠点となり中心的役割を果たす区庁舎、消防署、病院等の安全点検及び応急措置活動に関する訓練を実施し、震災時の災害対策体制の確立と防災意識の高揚を図ることを目的とする。

2.実施日時
平成21年8月28日(金)午前8:30~10:00まで

3.実施者等
 (1)横浜市:公共施設復旧班員、訓練対象施設の施設管理者
 (2)協力団体:横浜建設業協会、神奈川県建設業協会横浜支部、横浜市電設協会、神奈川県電業協会、神奈川
           県空調衛生工業会の5団体の協会本部員及び訓練対象施設への即時出動者、バックアップ会員

4.訓練方法
 (1)初動訓練
    地震発生に伴い、
   ア 協会は、速やかに協会本部を立ち上げる。
   イ 即時出動者及びバックアップ会員は、出動体制を確保して、即時出動対象施設に参集する。
   ウ 施設管理者は、被災状況を確認する。
   エ 公共施設復旧班は、速やかに班本部を立ち上げる。

 (2)模擬訓練
    施設管理者は即時出動者に被災状況を伝え、これを参考に即時出動者は安全点検を実施し、公共施設復旧
    班に判断を求めながら応急措置を実施する。
    その結果を調査票に記載する。

 (3)伝達訓練
    応急措置等の結果について、即時出動者は施設管理者並びに各協会本部へ報告する。
    施設管理者は訓練結果を公共施設復旧班にFAXで報告する。

2009年11月11日

弊社は次の地域志向CSR方針を定めました。

1.倫理・法令を順守し、誠実な経営に取り組みます。
2.高品質な建物、使い勝手の良い建物を提供するために、ISO9001に基づいた品質管理やお客様
  とのコミュニケーションをより多くとるようにしていきます。
3.協力会社と安定した取引関係を築くために、躯体関連業者は特命性をもって仕事を発注します。
4.安心できる生活環境を目指すために、地域社会貢献活動に取り組ます。
5.地域志向CSRのために設定された目的および目標の達成に力を尽します。
6.地域志向CSRのマネジメント・システムの継続的改善を図り、その成果をより一層高いものに
  することを目指します。

2009年10月28日

現代の社会情勢や弊社がおかれている事業環境、弊社の経営理念に照らして、地域社会に対して弊社がいかなる社会的使命および社会的責任を負っているかを明らかにしていきたいと考えております。
また、弊社がCSRに取り組む際に守るべき「倫理的行動規範」および弊社の基本姿勢を集約する「地域志向CSR方針」を定め、地域志向CSR方針に掲げた成果を出すために、効果的なCSR戦略を構築します。

2009年9月26日

弊社は地域密着型の建設会社として創業以来70年近く地域に貢献し、これまで数々の住宅、公共施設、商業施設
などを手掛けてまいりました。
現在、横浜型地域貢献企業認定制度の取得に取り組んでおります。