株式会社 安藤建設

お問い合わせ

最新情報

2012年7月19日

平成24年7月18日(水)にロイヤルホール横浜にて平成24年度安全推進大会を開催しました。

当日は140名の方が参加してくださいました。
暑い中出席していただき誠にありがとうございました。

安藤社長











↑あいさつをする安藤竜一社長

労災はゼロであったが、社員による車両災害が3件あり残念であった。再発防止にむけて対策を取り組まなければならない。また、事故が起きないようきちんと安全管理できている現場と、事故が起きなくて良かったなと思った現場があったことなどを語りました。


安全講話に横浜南労働基準監督署の片寄署長と磯子消防署の島村署長をお招きしました。

片寄署長











↑講話をする片寄署長

片寄署長はここ2年間死亡災害が増加傾向にあること。いくつかの災害事例をあげて、一人一人がルールを守っていれば死亡災害にはならなかったのではないかといこと。元プロ野球監督の野村さんが言っていたという「勝ちに不思議な勝ちあり負けに不思議な負けなし」という言葉を引用し、たまたま労災が起きなかったということもあるが、起きてしまった労災には必ず原因があるものであるというや、現場責任者が熱中症とはどういう症状であるかを知っている必要があることなどを語られました。

島村所長











↑講話をする島村所長

磯子消防署の島村署長はスライドを交えながら地震発生のメカニズムや過去の大震災、今後起きるかもしれない大地震について、また、災害による被害を軽減し人命を守ろうという考えの減災のこと、自分の命は自分で守るという自助や、地域や周囲の人が助け合う共助が大切であること、地震で発生した火事では消防車が到着するまでに時間がかかることもあり、三軒先で発生した火事が自分の家まで及んでしまうかもしれないので地域の火災は自分の家の火災と思った方がよいことなどを語られました。

有意義な講話を誠にありがとうございました。


最後に平成24年度全国安全スローガン『ルールを守る安全職場 みんなで目指すゼロ災害』に基づき経営トップをはじめとして、関係者が一丸となって労働災害撲滅に努力することを誓い閉幕しました。

安全の誓い











↑安全の誓い




恒例のオリジナルスローガンは58点の応募がありました。
応募してくださった皆様ありがとうございました。